事業内容・当協議会の概要

事業内容

「摂津市居住支援協議会」は
次の3つの事業に取り組みます。

住宅確保要配慮者
への相談窓口

住宅確保が困難な方(住宅確保要配慮者)の民間賃貸住宅への入居支援:相談窓口の設置及びマッチングの実施

相談窓口は、住宅確保要配慮者の方(低所得者、高齢者、障害者、被災者、子育て世帯など)の民間賃貸住宅への円滑な入居に向けて入居希望者と家主の方それぞれをサポートします。
相談窓口では相談員が、面談により物件に関するご希望などを伺います。
面談にはケアマネジャー等の支援者の方がいらっしゃる場合は、なるべくご一緒にお越しください。

住宅セーフティ
ネット制度の普及

新たな住宅セーフティネット制度の周知・普及や住宅の登録促進に係る取組み

「住宅セーフティネット制度」とは高齢者・障害者・子育て世帯など、住宅確保要配慮者の入居を拒まない賃貸住宅の供給を促進することを目的に設立された国の制度です。
この制度は以下3つの柱から成り立っています。

①住宅確保要配慮者の入居を拒まない賃貸住宅の登録制度(セーフティネット住宅)
②セーフティネット住宅の改修や入居者への経済的な支援
③住宅確保要配慮者に対する居住支援

登録住宅(セーフティネット住宅)への経済的支援の情報提供や、登録に関する手続きの相談窓口も紹介しています。
またセーフティネット住宅等の情報も紹介しています。

居住支援サービス

公的福祉サービス以外の居住支援サービスの提供

入居希望者の状況に応じて、公的福祉サービス以外の居住支援サービス(有料)の提供を受けることで、入居しやすい環境を整えるものです。主な居住支援サービスは次のとおりです。(当協議会は、掲載された各種居住支援サービスの利用に関して生じた損害の全てに対し、何ら責任を負うものではありません。)

・家賃債務保証サービス
・見守り(安否確認)サービス
・家財処理・遺品整理(死後事務委任)サービス
・金銭・財産管理(後見制度)サービス

摂津市居住支援協議会の概要

名称
摂津市居住支援協議会
設立
令和4年3月1日
設立趣旨
住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの考え方に基づき、地域ネットワークや民間活力と連携を図り、地域資源である空き家の活用策を検討し、低所得者、高齢者、障害者、子育て世帯などの「住宅確保要配慮者」が安心して住まうことのできる住環境づくりを目的とする。
事務局
社会福祉法人
桃林会とりかい白鷺園
〒566-0064
大阪府摂津市鳥飼中1丁目19番8号
構成員
不動産事業者団体
和田産業株式会社
相互不動産株式会社
福祉関係団体
社会福祉法人
摂津市社会福祉協議会
摂津市地域包括支援センター
居住支援団体
社会福祉法人
桃林会 とりかい白鷺園
摂津市関係課
生活支援課
保健福祉課
障害福祉課
高齢介護課
建築課
資産活用課

相談窓口への
アクセスと連絡先

摂津市居住支援協議会 事務局
〒566-0064
大阪府摂津市鳥飼中1丁目19番8号
高齢者総合福祉施設 とりかい白鷺園内

TEL 072-654-5094
FAX 072-654-3494
受付時間 午前9時~午後5時(土日・祝日・年末年始を除く)